習い事を選ぶためのポイント

ピアノを習うことで得られるたくさんの技術

ピアノを習うと、まず楽譜が読めるようになります。そのため、学校の音楽の授業で高い評価を得やすくなります。ですが、本当に肝心なのは、「幼いころ」からピアノを始めることです。

ピアノを習い始めるのに適しているのは3歳か4歳頃です。この頃から始めると、「絶対音感」が身に着きます。「絶対音感」とは、聞いた音をそのまま楽譜として起こせる能力で、「絶対音感」があると音楽全般を得意科目にできるほか、将来カラオケなどで歌うことを求められた時にも簡単に対応できます。

また、ピアノは先生とマンツーマンで練習し、細かいイメージをすり合わせないと曲をマスターできないことから、コミュニケーションスキルを磨くこともできます。このように、ピアノという習い事は良い事づくめなのです。

ピアノを習う上での注意点

ピアノは生涯にわたって続けることができますが、一つだけ注意点があります。それは、成長に伴って音楽をプロとしてやるか趣味としてやるかが一目瞭然でわかってしまうということです。

具体的には、成長期に伴って手の大きさが変わってくるのですが、鍵盤で1オクターブがカバーできる程度に手が大きくならない子どもはプロとして音楽をやっていくのが難しくなります。音楽大学では、ピアノが必須科目なので、音楽大学受験の段階でつまづいてしまうのです。なので、こういったお子さんにはピアノを続けることを無理強いせず、希望によってはほかの楽器をやらせるなど柔軟に対応しましょう。「絶対音感」は鍛えないと衰えるので、ほかの楽器をやってでも維持することが大切です。


この記事をシェアする